画集

  • ¥ 5,000
  • SET内容(書籍2冊、DVD1本) チカーノカルチャーを理解する上で必携の画集・写真集・DVDをセットにしました! 合計価格7128円のところ税込5000円です! 『プリズン・アート』KEI 監修 『CHICANO』名越啓介(絶版・B品) DVD 『チカーノ・ギャングスタ 特別廉価版』KEI 監修 『プリズン・アート』 アメリカ西海岸の刑務所から届いたチカーノ・ギャングたちによる至極のリアル・プリズン・アート集。 『CHICANO』 日本でもローライダーなどのチカーノ文化の熱狂的信者は多いが、その実像は知られていない。ギャングとして生きる以外の選択肢がなく、明日の命さえ保障されない彼らの生の姿を追った写真集。 『チカーノ・ギャングスタ 特別廉価版』 KEI監修による、チカーノ・ドキュメンタリー。 ローライダー、チカーノラップ、タトゥー、ギャング・ファッション、襲撃事件…等々、西海岸リアル・チカーノ・ライフを追った映像90分。 オンラインショップリニューアル記念の期間限定SETです。 ※こちらのセットにはB級品(新品ですが流通の過程で傷や破れなどの欠損が生じてしまった商品)が含まれております。しかしその分かなりお得なセットになっておりますので、この機会にぜひお買い求めください。

  • ¥ 2,200
  • アメリカ西海岸の刑務所から届いたチカーノ・ギャングたちによる至極のリアル・プリズン・アート集。KEI監修。 A4並製/104頁

  • ¥ 500
  • ようこそ不思議なきのこの世界へ!きのこ文学研究家である著者が蒐集した「きのこ絵本」「きのこグッズ」「きのこ小説」など古今東西のカルチャー・シーンからきのこを探し出す、感覚全開「きのこ狩りツアー」。 A5変型・並製/160頁 本体価格1,600円(税別) ※こちらの商品はB級品(流通の過程で傷や破れなどの欠損が生じてしまった商品)です。読む分には問題ありませんので、本の状態を気にされない方はこの機会にぜひお買い求めください。

  • ¥ 3,630
  • 大型特装本(300×400mm A3変形版 42頁オールカラー) 田名網敬一の最新作に加え、個展「Tanaami × adidas Originals」で発表された作品を収録。

  • ¥ 4,180
  • なぜに今になってこのような形で描き始め、とまらなくなってしまっているのか アートディレクター、グラフィックデザイナーとして長く活躍し続けてきた佐藤直樹が、2013年頃より描きはじめた「そこで生えている。」シリーズ。84mに達するパノラマ作品や、30mを超える新作など、全長150mを超え日々増殖を続ける作品群の大規模個展が、2017年4月末に開催される。 図録を兼ねた画集として出版される本書は、220mm四方の紙面に作品群を再配置、生き生きとした筆致を手に取り観ることができる待望の画集第1弾となる。巻末には、水沢勉、円城塔、宇川直宏、原田マハによる寄稿・対談を収載。作品へのレスポンスとしての挿文、アートとデザイン、創造の衝動、絵画史をめぐる対話・論稿など、増殖する作品群と並走するテキスト群を収めた。今日の表現活動に横たわる前提をほぐし、新たな視座をもたらす一冊。 【佐藤 直樹 NAOKI SATO】1961年東京都生まれ。北海道教育大学卒業後、信州大学で教育社会学・言語社会学を学ぶ。美学校菊畑茂久馬絵画教場修了。肉体労働から編集までの種々様々な職業を経験した後、1994年、『WIRED』日本版創刊にあたりアートディレクターに就任。1998年、アジール・デザイン(現アジール)設立。2003~10年、「合法的なスクウォッタリング」を謳ったアート・デザイン・建築の複合イベント「セントラルイースト東京(CET)」をプロデュース。2010年、アートセンター「アーツ千代田 3331」の立ち上げに参画。サンフランシスコ近代美術館パーマネントコレクションほか国内外で受賞多数。2012年からスタートしたアートプロジェクト「トランスアーツ東京(TAT)」を機に絵画制作へと重心を移し、「大館・北秋田芸術祭2014」などにも参加。札幌国際芸術祭2017バンドメンバー(デザインプロジェクト担当)。3331デザインディレクター。美学校「絵と美と画と術」講師。多摩美術大学教授。 2017年5月9日発売 書名:秘境の東京、そこで生えている Unexplored Tokyo: There, It has grown 著者:佐藤直樹 体裁:220×223mm/並製/160頁 定価予定:本体3,800円(税別) ISBN978-4-903883-24-3 C0071 発行・発売:東京キララ社

  • ¥ 4,378
  • 特殊漫画家・根本敬が歴史的名盤レコードのジャケットを独自の解釈で描いた全192頁の豪華作品集。 数量限定おまけとして直筆ドローイング入りのピンクのビニールバッグをお付けします。 この機会にぜひお買い求め下さい。※ビニールバッグの直筆ドローイングは画像のデザイン以外にも数種類ございます。ランダムに発送させていただきます。 巻末特別付録:幻の名盤解放同盟座談会(湯浅学、船橋英雄、根本敬) 序文:都築響一 カバー推薦文:本秀康 【根本敬 略歴】1958年東京生まれ。1981年『ガロ』で漫画家デビュー。文筆、映像、デザイン、講演、出版プロデュース、DJなど多岐にわたり活動。主著に『怪人無礼講ララバイ』(漫画。代表作『タケオの世界』収録)『因果鉄道の旅』(文章本)『ディープコリア』(紀行。共著)他多数。2014年秋には、フランスの異能アート集団ル・デルニエ・クリの招きでマルセイユに渡り『MANGARO/HETAUMA』展に参加。 レコジャケ画 コラム 2016年4月発売 書名:ブラック アンド ブルー 著者:根本敬 体裁:A4変形判 上製 192頁(カラー176頁 モノクロ16頁) 定価:本体3,980円(税別) ISBN978-4-903883-16-8 C0073 発行・発売:東京キララ社