BOOKS

  • ¥ 1,980
  • 2009年刊行『モンド・キューバ』。街中に溢れるチェ・ゲバラの壁画、強烈なグラフィティ、レコードやポスターのアートワークなど、社会主義国家の壁の向こう側で花開く唯一無二のカルチャー。独自の目線でキューバの魅力を紹介。アートを巡る旅ガイドも収録。 映画『Cu-Bup(キューバップ)』監督・高橋慎一と東京キララ社・中村保夫(変名:yasuo-angel名義)の共著。デザイン・装丁は今を時めくコラージュアーティスト・河村康輔。 中村保夫セレクトによるキューバンキッズ歌謡(全19曲)のコンピレーションCD-r付! 本の内容もさることながら、こちらのおまけCDも素晴らしい内容です! 数量限定ですので、ご購入はお早めに! 2009年1月発売 書名:モンド・キューバ 著者:高橋慎一 YASUO ANGEL 体裁:A5並製 160頁 定価:本体1,800円(税別)

  • ¥ 2,200
  • 【オンラインショップ限定特典付!】 “ポップアートの巨星”田名網敬一” × 伝説の前衛アーティスト”篠原有司男” 1969年に渡米した篠原が、50年間書いて書いて書きまくった田名網へのラブレター! NYのアート事情から、ネオ・ダダメンバー、東由多加、吉村実子、中上健次、康芳夫など、時代を創った各界スターたちとの濃厚でハチャメチャな交友録 in NY!他では語られなかった貴重なエピソードと写真が満載です! 弊社オンラインショップでの購入特典として、篠原有司男と田名網敬一によるサイン入りポストカード(画像12枚目が表面、写真13枚目と14枚目が裏面)を一枚お付けします! ※篠原氏のサインの色は数パターンございますが、色の指定はお受けできません。ランダムで封入させていただきますので予めご了承ください。 篠原有司男(しのはら・うしお) ◆通称ギューちゃん。アーティスト。1932年生まれ。1960年に「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」を結成するなど、日本の前衛芸術の一時代を築く。69年渡米、以後NYを拠点に活動。2013年、アーティストの乃り子夫人との日常を綴ったドキュメンタリー映画『キューティー&ボクサー』が話題を呼ぶ。以後も精力的に活動を続け、国内外から高い評価を集めている。 田名網敬一(たなあみ・けいいち) ◆アーティスト。1936年生まれ。武蔵野美術 大学在学中からポスターや雑誌などのデザインに携わり、グラフィックデザインから実験映像、アニメーション、彫刻作品、絵画まで、あらゆるメディアを縦断して作品を制作。現在も世界各地での個展やアートフェアへの出展など、精力的に活動を続ける。 2021年1月13日発売 タイトル:LETTER FROM NEW YORK サブタイトル:篠原有司男から田名網敬一へ、50年の書簡集 著者:篠原有司男 監修:田名網敬一 発行・発売:東京キララ社 定価:本体2000円 (税別) ISBN:978-4-903883-36-6 C0070 体裁:A5/並製 196頁 4色カラー36ページ 2色カラー 32ページ

  • ¥ 1,980
  • ※サイン本の数には限りがございます。購入を検討されている方はぜひこの機会にお買い求めください。 徳川慶喜家に嫁いだ松平容保の孫の半生を、貴重な史料で綴る壮大なファミリーヒストリー。 家族の歴史が紐解かれる時、新たな日本史が刻まれる。 第一章 みみずのたわごと 徳川慶喜の孫・徳川慶光に嫁いだ徳川和子による手記。華族として育った幼少期から、戦後、華族制度が廃止されたその後の暮らしまで。 第二章 歴史の中に生きる家族 徳川和子の孫である山岸美喜が、家族の歴史が日本の歴史であるという立場から、本手記を出版する背景などを解説。 第三章 徳川慶喜家写真帖 写真で綴る徳川慶喜家四代の歴史。初公開史料多数。 2020年11月発売 書名:みみずのたわごと サブタイトル:徳川慶喜家に嫁いだ松平容保の孫の半生 著者:徳川和子 山岸美喜 体裁:四六判 上製 200頁 定価:本体1,800円(税別) ISBN:978-4-903883-53-3 C0023 発行・発売:東京キララ社 【徳川和子】大正6年7月31日〜平成15年5月29日。徳川慶喜家3代当主・慶光夫人。父は子爵・松平保男(会津松平家12代当主、松平容保の5男)。 【山岸美喜】昭和43年東京都生まれ。祖父は徳川慶喜の孫・徳川慶光。クラシックコンサートの企画事業を手がけるほか、「徳川将軍珈琲」宣伝大使も務める。

  • ¥ 2,200
  • アメリカの極悪刑務所を生き抜いたチカーノKEIによる人生哲学「書」 東京キララ社オンラインショップでの購入特典として特製ステッカー(90mm × 63mmサイズ・写真4枚目)を1冊につき1枚お付けします! 2020年10月発売 書名:昭和に生まれた侠の懺悔 著者:KEI 体裁:A5判/ハードカバー/160頁 定価:本体2,000円(税別) ISBN 978-4-903883-52-6 C0036 発行・発売:東京キララ社

  • ¥ 500
  • ミュージシャン松田優作にスポットをあてた、未公開写真多数満載の永久保存版写真集。松田美由紀監修の元、他では見られないプライベートショットも多数収録。 書名:松田優作写真集 スローニュアンス 著者:渡邉俊夫 体裁:B5変形 並製 192ページ 定価:本体3,800円(税別) 発行:東京キララ社 発売:河出書房新社 ISBN:978-4-309-90756-7 渡邉 俊夫 (ワタナベ トシオ) 1960年京都生まれ。写真嫌いで有名な松田優作が最も信頼したカメラマン。ゲスト参加のものも含め、ほとんどのライヴを写真に収めている。松田優作のレコードやCDのジャケットの写真にも採用される。松田優作亡き後、一時はカメラを持つことさえも止めてしまったが、その後スチールカメラマンとして復活。『TOKYO!』(監督:レオス・カラックス)『座頭市』『アキレスと亀』(監督:北野武)『西遊記』(主演:香取慎吾)などの数々の話題作を手がける。 ※こちらの商品はB級品(流通の過程で傷や破れなどの欠損が生じてしまった商品)です。読む分には特に問題ありません。お求めになりやすい価格になっておりますので、この機会をお見逃しなく。数量限定です。

  • ¥ 1,760
  • 徳川慶喜・末の孫娘(96歳)による波乱万丈”おてんば”自叙伝 徳川慶喜終焉の地・小石川第六天町の徳川邸、その屋敷で生まれ育った孫娘自身が綴る、戦前の華族の暮らし。 少女時代の夢のような生活から一変、結婚と戦争、夫・松平康愛の戦死、そして娘との別れ。 サイパン玉砕から生還した軍医・井手次郎との再婚後、終戦後の奮闘、高松宮同妃両殿下との思い出。 波乱に満ちた人生を軽やかに駆け抜ける「おてんば姫」初の著作。 【著者略歴】大正11年(1922) 東京小石川区第六天町の徳川慶喜家に四女として生まれる。父は徳川慶久、母は有栖川宮家から嫁いだ實枝子。姉は高松宮喜久子妃殿下、榊原喜佐子、兄は徳川慶光。松平康昌の長男・康愛と結婚後死別、井手次郎と再婚。 目次: 第一章 第六天の暮らし 慶喜終焉の地、小日向第六天町/第六天の子供たち/「表」と「奥」の五十人/第六天のお正月/御授爵記念日/おとと様とおたた様 第二章 学校生活 おひい様の学校/「金剛石 水は器」/やりにくい歴史の授業/修辞会、体操会、遠足/御當日/葉山と軽井沢の夏休み/有栖川御流/絵と写真 第三章 結婚と戦争 結婚/新婚生活と戦争の足音/太平洋戦争の開戦/長男・長女の誕生と出征/疎開と空襲/終戦/戦死の知らせ/不思議な巡り合わせと娘との別れ/『精強261空〝虎〟部隊サイパンに死すとも』 第四章 戦後を生きる 再婚・目白での大家族暮らし/横浜の下町で開業/高松宮邸/世が世なら/高輪での暮らし/井手八景/殿下・妃殿下との思い出/第六天再訪 2018年6月発売 書名:徳川おてんば姫 著者:井手 久美子 体裁:小B6判(112×174mm)/ハードカバー/192頁 定価:本体1,600円(税別) ISBN 978-4-903883-29-8 C0023 発行・発売:東京キララ社

  • ¥ 3,850
  • 「族」や「ゴスロリ」の写真集で海外でも人気の高い写真家・吉永マサユキ氏。20年ほど前に大阪・十三の銭湯を撮ったこの作品は、彼の写真家としての原点ともいえる。 内容の際どさから日本では発売が困難だったが、海外販売用に限定部数を製作、2012年パリで行われた「International Photobook Award」でベスト写真集にノミネートされた。 解説:清水穣 ブックデザイン:町口覚 体裁:B5 / 上製 / 72頁 発行・発売:東京キララ社 表装には手ぬぐいを使用。書店一般流通はございません。 東京キララ社内の在庫整理をしている際に発見されたラストストック。 ※デッドストック商品につきカバーに多少の傷みアリ。

  • ¥ 7,700
  • KEIがプロデュースした写真集の二冊セット。 写真集『HOMIE KEI』 KEIの主な活動拠点であるGOOD FAMILY PARKやHOMIE MARINE CLUBでの仲間たちや子供たちとの写真を中心に、KEIが日常的に書き続けている「書」も多数掲載。 一般書店での販売はされておらず、これまではKEIから直接購入することしかできなかった写真集です。この貴重な機会をお見逃しなく。 B5並製/128頁 写真集『CHICANO』名越啓介 著 「この写真集に写っているのは、みんな自分のHOMIEですよ」KEI メキシコ系アメリカ人、チカーノ。日本でもローライダーなどのチカーノ文化の熱狂的信者は多いが、その実像は知られていない。ギャングとして生きる以外の選択肢がなく、明日の命さえ保障されない彼らの生の姿を追った写真集。KEI監修。 A4並製/144頁

  • ¥ 3,850
  • KEIの主な活動拠点であるGOOD FAMILY PARKやHOMIE MARINE CLUBでの仲間たちや子供たちとの写真を中心に、KEIが日常的に書き続けている「書」も多数掲載。 一般書店での販売はされておらず、これまではKEIから直接購入することしかできなかった写真集を、このたび東京キララ社オンラインショップで販売開始。 数に限りがございますので、お早めのご購入をおすすめします。 この貴重な機会をお見逃しなく。 B5並製/128頁

  • ¥ 2,750
  • バルカン半島を中心とした旧共産圏に点在する奇抜な廃墟と朽ちゆくスポメニック(戦争記念碑)を撮影した写真集。 Numéro TOKYOなど多数のメディアで紹介された話題の一冊。 おまけとして過去の出版記念展のDM(ポストカード型)を一枚お付けします。 【収録写真】 ケレンフェルド発電所(ハンガリー) 戦闘機の墓場(ハンガリー) 人民蜂起記念碑(クロアチア) サラエボ五輪跡(ボスニア) 自由の記念碑(モンテネグロ) スポメニック群(セルビア) セルビア正教会(コソボ) 廃工場(アルバニア) トーチカ(アルバニア) イリンデンモニュメント(マケドニア) 無敗の埋葬塚(マケドニア) 共産党ホールの廃墟(ブルガリア) 廃列車の墓場(ギリシャ) 廃空港(キプロス) 他 2019年6月発売 書名:旧共産遺産 著者:星野 藍 体裁:B5変型並製 144頁 定価:本体2,500円(税別) 発行・発売:東京キララ社 ISBN:978-4-903883-43-4 C0072

  • ¥ 5,000
  • SET内容(書籍2冊、DVD1本) チカーノカルチャーを理解する上で必携の画集・写真集・DVDをセットにしました! 『プリズン・アート』KEI 監修(絶版) 『CHICANO』名越啓介(絶版・B品) DVD 『チカーノ・ギャングスタ 特別廉価版』KEI 監修 『プリズン・アート』 アメリカ西海岸の刑務所から届いたチカーノ・ギャングたちによる至極のリアル・プリズン・アート集。 『CHICANO』 日本でもローライダーなどのチカーノ文化の熱狂的信者は多いが、その実像は知られていない。ギャングとして生きる以外の選択肢がなく、明日の命さえ保障されない彼らの生の姿を追った写真集。 『チカーノ・ギャングスタ 特別廉価版』 KEI監修による、チカーノ・ドキュメンタリー。 ローライダー、チカーノラップ、タトゥー、ギャング・ファッション、襲撃事件…等々、西海岸リアル・チカーノ・ライフを追った映像90分。 オンラインショップリニューアル記念の期間限定SETです。 ※こちらのセットにはB級品(新品ですが流通の過程で傷や破れなどの欠損が生じてしまった商品)が含まれております。しかしその分かなりお得なセットになっておりますので、この機会にぜひお買い求めください。

  • ¥ 1,078
  • KEIが初めてプロデュースした、チカーノ・ドキュメンタリー。 ローライダー、チカーノラップ、タトゥー、ギャング・ファッション、襲撃事件…等々、西海岸リアル・チカーノ・ライフを追った映像90分。 最前線に潜入し、人気ラッパーやアーティスト等、シーンの中心人物へのインタビューを敢行、撮影クルーの前で起こった事件も収載した、すべてのファンを満足させる映像作品。

  • ¥ 4,500
  • 星野藍による写真集『旧共産遺産』と、吉田隆一率いるblacksheepによるCDアルバム『blacksheep』のセットです。 この非常に親和性の高い写真と演奏を、ぜひ併せてお楽しみください。 『旧共産遺産』プロモーション動画はこちら⬇️ https://www.youtube.com/watch?v=p0ZULCjVsHM 写真集『旧共産遺産』 星野藍 著 【収録写真】 ケレンフェルド発電所(ハンガリー) 戦闘機の墓場(ハンガリー) 人民蜂起記念碑(クロアチア) サラエボ五輪跡(ボスニア) 自由の記念碑(モンテネグロ) スポメニック群(セルビア) セルビア正教会(コソボ) 廃工場(アルバニア) トーチカ(アルバニア) イリンデンモニュメント(マケドニア) 無敗の埋葬塚(マケドニア) 共産党ホールの廃墟(ブルガリア) 廃列車の墓場(ギリシャ) 廃空港(キプロス) 他 CD『blacksheep』  吉田隆一(baritone sax), 後藤篤 (trombone), スガダイロー(piano) 2005年に結成された「SF+フリージャズ」トリオblacksheepによるファーストアルバム。 【収録曲】 1. 切り取られた空と回転する断片 Sky Clippings and Spinning Frgments (16:39) 2. 黒羊の夢 Black Sheep Song (9:58) 3. すべて世は事も無し God's in His Heaven, All's Right with the World (8:36) 4. 風を待つアスファルトの夢 Dreams of Asphalt Waiting for Wind (13:24) 5. アーク灯の夢 Dreams of an Arc Lamp (6:06) 発売:doubtmusic 税込定価:2420円 http://www.doubtmusic.com/mart/dmf-122.html

  • ¥ 3,000
  • 東京キララ社事務所移転のための在庫一掃セール! 伝説の雑誌「BURST」の血統を継ぐビジュアル誌『バースト・ジェネレーション』のVol.1とVol.2の二冊をセットにして税込価格3000円で限定販売します! 数に限りがございますのでこの機会をお見逃しなく!

  • ¥ 5,500
  • 平成最後の純国産総天然色無修正死体写真集。 ※こちらの商品はB級品(流通の過程で傷や破れなどの欠損が生じてしまった商品)です。読む分には特に問題ありません。お求めになりやすい価格になっておりますので、この機会をお見逃しなく。一冊のみの限定販売です。

  • ¥ 1,980
  • 東洋経済やHAGAZINEなどで紹介された話題の書籍!! 1980年代に一世を風靡した子供ディスコ 新宿歌舞伎町・東亜会館を徹底アーカイブ!! 新宿の夜を彩った319枚のディスクをカラーで紹介 80年代半ば、東京の中高生が熱中したディスコが歌舞伎町にあった。その名は新宿東亜会館。 「GBラビッツ」「BIBA館」「ギリシャ館」などがひしめくディスコビルに、週末になると独特のパステルのファッションに身を包んだ中高生が次々と吸い込まれていった。 風営法改正後、昼からの営業となってからこのムーブメントはピークを迎える。 ダンス、曲、服装、出来事…未だ語られていないこのシーンを、ディスクガイド&7インチ日本盤ジャケギャラリーとともに徹底アーカイブ。 協力:小畑仁/「Back To The 80’s 東亜」事務局 ※1985年の店内で実際にかかっていた、DJのトーク入りのMIX音源をオマケにつけます。 当時を知る方にとっては涙モノ、知らない方にとっては衝撃的な一冊!! 【中村保夫】1967年、神田神保町の製本屋で長男として生まれる。早稲田実業中学時代に歌舞伎町のディスコでデビュー。高校時代は東亜会館BIBA館を居場所とする。2001年に東京キララ社を創立。永田一直主催の和ラダイスガラージで5年半レギュラーDJを務める。書籍編集者、DJ、映像作家。映像作品はドキュメンタリーDVD『チカーノ・ギャングスタ』、『ジゴロvs.パワースポット』など。 2018年7月発売 書名:新宿ディスコナイト 東亜会館グラフィティ 著者:中村保夫 体裁:A5並製 184頁(カラー72頁 モノクロ112頁) 定価:本体1,800円(税別) ISBN:978-4-903883-31-1 C0073 発行・発売:東京キララ社

  • ¥ 2,200
  • 『BURST』(バースト)の血統を継ぐビジュアル単行本、待望の第2弾 ケロッピー前田責任編集『BURST GENERATION Vol.2』(バーストジェネレーションVol.2)。表紙は、身体改造家のうがみまい×ラス・フォックス。スペシャル対談では、般若×HIRO。KEI×漢a.k.aGAMI×D.O。執筆陣はBURSTでおなじみのピスケン、釣崎清隆、石丸元章、根本敬に加えて、PANTA、ロマン優光、姫乃たま他。過激な最新カウンターカルチャー事情を紹介します。 CONTENTS 天明屋尚/のうがみまい × ラス・フォックス/般若 × HIRØ/PANTA×末井昭×ピスケン/世界の改造人間大図鑑/グリーンラッシュ2019/KEI ×漢 a.k.a. GAMI ×D.O/釣崎清隆 ハードコア表現者の檄/MOTOYAN/石丸元章&じゃぽにか/BURST公開編集会議/兵頭喜貴 #ラブドール #秘宝館/現代ヤリマンの肖像/ルーカス・スピラ来日/空山基/徹底検証! 90年代サブカルの逆襲!/姫乃たま/佐川純 × 根本敬/デス・カルチャー・サミット/西牧徹/ピスケン/タトゥーと温泉 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 書名:バースト・ジェネレーション Vol.2 BURST generation Vol.2 著者:ケロッピー前田 責任編集 体裁:A4(210×282mm)96ページ(カラー64ページ・モノクロ32ページ) 定価:本体2,000円(税別) 発行発売:東京キララ社 ISBN:978-4-903883-47-2 C0076 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • ¥ 2,200
  • 伝説の雑誌「BURST」の血統を継ぐビジュアル誌創刊!! 2018年12月発売 書名:バースト・ジェネレーション ケロッピー前田 責任編集 体裁:A4(210×282mm)96ページ(カラー80ページ・モノクロ16ページ) 定価:本体2,000円(税別) ISBN:978-4-903883-34-2 C0076 発行・発売:東京キララ社

  • ¥ 3,850
  • メキシコ系アメリカ人、チカーノ。日本でもローライダーなどのチカーノ文化の熱狂的信者は多いが、その実像は知られていない。ギャングとして生きる以外の選択肢がなく、明日の命さえ保障されない彼らの生の姿を追った写真集。KEI監修。 A4並製/144頁

  • ¥ 2,200
  • アメリカ西海岸の刑務所から届いたチカーノ・ギャングたちによる至極のリアル・プリズン・アート集。KEI監修。 A4並製/104頁

  • ¥ 7,700
  • 平成最後の純国産総天然色無修正死体写真集。 書名:THE DEAD 著者:釣崎清隆 体裁:A4 カラー 208ページ 函入 定価:本体7,000円(税別) 発行発売:東京キララ社 ISBN:978-4-903883-35-9 C0072 【釣崎清隆(つりさき きよたか)】 死体写真家として知られ、ヒトの死体を被写体にタイ、コロンビア、メキシコ、ロシア、パレスチナ等、世界各国の犯罪現場、紛争地域を取材し、これまでに撮影した死体は1,000体以上に及ぶ。写真集『DEATH:PHOTOGRAPHY 1994-2011』(Creation Books)、著書『死者の書』(三才ブックス)、DVD『ジャンクフィルム』など多数。

  • ¥ 1,760
  • 嬲られ、分断され、見棄てられ、狂騒する荒れ地。 福島第一原発で約2年間、作業員として収束作業に従事した釣崎清隆が綴るノンフィクション。 死体写真家として各国の無法地帯、紛争地域を渡り歩いてきた釣崎清隆が、取材ではなく一作業員として対峙した収束現場の最前線。 使命感に燃える地元作業員と、様々な思いにかられ各地から集まった作業員たちによる人間模様。浮き彫りとなる矛盾。蔓延する言説が前進を妨げ、むしろ被災後の方が切実な福島の悲劇に、あわれみではなく名誉を讃えよ! 著者渾身の書き下ろし作品。 ● 目 次 1Fカサンドラ・クロス/車両サーベイ  花園の秘密  福島原子力災害/現場の論理  車両サーベイ/東電の犬  矛盾の現場/「サーベイ」は測定に非ず  車両サーベイ道の作法  嵐の現場/ボックスカルバート  GM管がない! 外人部隊  山水館物語/外人部隊の飯場ユートピア  S社長の物語  ノリさんの物語  ババアの物語  ナオキの物語 汚染地帯  パンドラの箱  危険手当の行方  浜通りゼノフォビア  1Fの掟と引き裂かれた虚無  嬲られ、分断され、見棄てられ、狂騒する荒れ地  「原発慰安婦」との遭遇 1F宇宙戦争/ラジコン  ラジコン/1F災害最前線  「特攻」/戦場の論理  1F作業員の鏡  月世界旅行/ある不祥事  最前線と真の戦士 戦争と名誉  1F殉職者の名誉  IAEAのお通り/戦後日本の縮図  穢された誇りのユニフォーム  チェルノブイリと福島/名誉喪失の未来像 【釣崎清隆 略歴】一九六六年富山県高岡市生まれ。慶應義塾大学文学部卒。AV監督を経て写真家としての活動を開始。死体を被写体としてタイ、コロンビア、ロシア、メキシコ、パレスチナなどで取材を行なってきた。映像作家、文筆家としても活動中。著書に『死体に目が眩んで』『死者の書』、映画監督作品に『死化粧師オロスコ』『ジャンクフィルム』がある。 書名:原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記 著者:釣崎清隆 体裁:四六判/並製/200頁 予定価格:本体1,600円(税別) ISBN978-4-903883-23-6 C0036 発行・発売:東京キララ社

  • ¥ 1,760
  • 「オレたちひょうきん族」のホタテマンでお茶の間の人気者となり、再婚、長男誕生。芸能界一の暴れん坊から優しいパパへと変身した安岡力也。離婚~クレーマークレーマー生活~ギランバレー症候群~親子間での肝臓移植。どんな困難も息子と二人で切り抜けてきた安岡力也が、平成24年4月に逝去。息子・力斗が語る、愛と涙で綴る究極の親子秘話。 『ホタテのお父さん』 安岡 力斗 著 四六判上製/224頁 ISBN978-4-903883-06-9 C0095

  • ¥ 2,200
  • COOLSデビュー40年の軌跡! 2015年に40周年を迎え、全国ツアーも開始したCOOLS。現役でやり続けるその姿とこれまでの軌跡を綴ったファン必読の一冊! 「学校なんて行ってる場合じゃないだろ!!」 その一言で僕の人生は決まった。 “ザ・佐藤秀光” 最高!イイネ!イイネ!イイネ! 横山剣(CRAZY KEN BAND) クールス写真館Ⅰ 第1章 バイク好きのクールな仲間たち 第2章 クールス衝撃のデビュー 第3章 少年バイカー 第4章 クールス ニューヨーク上陸 第5章 走り続けるクールス あとがき 横山剣(クレイジーケンバンド) 応援コメント 大木トオル 加藤和也 薬師寺保栄 DJ赤坂 クールス写真館Ⅱ 【COOLSヒデミツ 略歴】 佐藤秀光(さとう ひでみつ)。1951年4月1日生まれ。1974年12月、舘ひろし・岩城滉一らとともに、東京・原宿でモーターサイクルチーム・クールス(COOLS)を結成。1975年9月にキングレコードからデビューしてから現在に至るまで、クールスのドラマーとして活躍。また、舘ひろし脱退後は一貫してCOOLSのリーダーを務めている。デビュー前から愛車はハーレー。トライク、カスタムハーレーのビルダーとしても名高い。現在は江東区亀戸でハーレー&トライクのカスタムショップ「CHOPPER」を経営。ハーレーバイカーをメインとした日本最大規模のツーリング・イベント”WANTED BIKER TOURING”の主催者でもある。 A5/並製/192頁(うちカラー32頁)定価:本体2,000円(税別) ISBN978-4-903883-10-6 C0073