文芸

  • ¥ 1,760
  • 「オレたちひょうきん族」のホタテマンでお茶の間の人気者となり、再婚、長男誕生。芸能界一の暴れん坊から優しいパパへと変身した安岡力也。離婚~クレーマークレーマー生活~ギランバレー症候群~親子間での肝臓移植。どんな困難も息子と二人で切り抜けてきた安岡力也が、平成24年4月に逝去。息子・力斗が語る、愛と涙で綴る究極の親子秘話。 『ホタテのお父さん』 安岡 力斗 著 四六判上製/224頁 ISBN978-4-903883-06-9 C0095

  • ¥ 1,760
  • アメリカの刑務所でKEIが学んだこと、それは「家族愛」であり「仲間の絆」。 カウンセラーとして第2の人生を歩む現在のKEIの活動をまとめた一冊。 【KEI プロフィール】1961年東京生まれ。ヤクザ時代にFBIのおとり捜査で捕まり、米刑務所・拘置所を合わせ10年以上投獄される。出所・帰国後はファッション、タトゥー、書籍、コンピレーションCD、DVD、映画などの幅広いプロデュースで、湧き上がるチカーノ・ブームの象徴的存在に。また、米刑務所内でカウンセラーの資格を取得し、ボランティア団体「Good-Family」を設立。現在運営するマリーナ「HOMIE Marine CLUB」では悩める子供・親たちが集まる。 2017年6月発売 書名:プリズン・カウンセラー 著者:KEI 体裁:四六判/並製/224頁 定価予定:本体1,600円(税別) ISBN 978-4-903883-25-0 C0036 発行・発売:東京キララ社

  • ¥ 1,650
  • FBIの囮捜査にはめられ、カリフォルニアの刑務所に10年以上服役した男の壮絶なるハードコア・ライフ。抗争や殺人事件が日常茶飯事のアメリカの刑務所。そこには人種ごとに様々なグループがある。唯ひとりの日本人として孤独な闘いを続けたKEIだが、ある日、その暴力性、結束力で最も恐れられているチカーノ(メキシコ系アメリカ人ギャング)の伝説的なボスと運命的な出会いを果たし、彼らと家族同然の付き合いが始まる。チカーノは貧しいが、金では動かない。家族を大切にし、仲間のためには自己をも犠牲にするヤツらだった。新たな写真とエピソードを追加した改訂版。 2009年5月発売 書名:改訂版 KEI チカーノになった日本人 著者:KEI 体裁:四六版並製 224頁 定価:本体1,500円(税別) ISBN:978-4-309-90820-5

  • ¥ 500
  • ようこそ不思議なきのこの世界へ!きのこ文学研究家である著者が蒐集した「きのこ絵本」「きのこグッズ」「きのこ小説」など古今東西のカルチャー・シーンからきのこを探し出す、感覚全開「きのこ狩りツアー」。 A5変型・並製/160頁 本体価格1,600円(税別) ※こちらの商品はB級品(流通の過程で傷や破れなどの欠損が生じてしまった商品)です。読む分には問題ありませんので、本の状態を気にされない方はこの機会にぜひお買い求めください。

  • ¥ 500
  • 刺青を彫ってしまったら、嘘は吐けなくなる。嘘を吐いたら、嘘が丸見えになる。自分の人生を見つめ直した上で、自分の生き方に合わせた刺青を探せばいい。刺青には意味がある。『闇金ウシジマくん』に登場した話題の彫師が語る、タトゥーと人生にまつわる13のトゥルー・ストーリー。 目次 マイ・ファースト・タトゥー 痛みの上を歩く虎 家族愛―シャレコウベと風の願い タトゥー・ラブ・ストーリーズ 子どもの死を刻む―恨みの兎、弔いの蓮 自分のなかの如来と鬼 龍と背中の物語 覚悟―棘のない薔薇、魔除けを守る夫婦獅子 メディカル・タトゥー タトゥーを巡るミステリアスな物語 水野晴郎と平和主義 全身オートクチュール 痛みを繋ぐ携帯電話 素肌 2009年12月発売 書名:タトゥー・セラピー 著者:ウダ PAOマサアキ 体裁:四六判 並製 228頁 定価:本体1,300円(税別) ※こちらの商品はB級品(流通の過程で傷や破れなどの欠損が生じてしまった商品)です。読む分には問題ありませんので、本の状態を気にされない方はこの機会にぜひお買い求めください。